2012年10月20日

声帯ケナコルト注射 術後経過と効果 第1回

 ケナコルト注射は二三ヶ月かけてジワジワ効いてくるものです。術後すぐは別に変わりません。というより、むしろ一時的に(数日間)ガラガラ声になります。
 ケナコルト注射は術後二三日は声を出すのを控えます。
 ささやき声なら大丈夫ですが、ちゃんと声を出すのは極力やめた方が良いようです。それ以前に、喉が痛くて、声を出したくないです。
 痛いと言っても何もしていなければ何ともなく、声を出そうとすると鈍く痛む程度です。丁度風邪を引いて喉が腫れている時のような感じです。
 病院では「二三日発声は控えてもらうけれど、仕事で話す程度なら大丈夫」と言っていましたが、正直、対人系の仕事は厳しいと思います。コンビニで「袋いいです」と言うのも辛いくらいですから、二三日は休みがあった方が安全でしょう。

 術後四日目くらいに人と話す機会があり、恐る恐る喋っていたところ、「声が高くなった?」と言われました。実際は、単に恐る恐るなので声が細くなり、高く聞こえただけでしょう。

 術後一週間から十日くらいまで、声がかなり不安定でした。毎日ちょっとずつ変わります。
 これはケナコルトの効果というより、注射後の一時的な変化でしょう。
 具体的には、普段の声(女声)を出すのが多少楽になった感じがした一方、少しかすれます。裏声Maxも出にくいです。また時々声が詰まった感じで、出しにくくなることもありました。
 エッジボイスが出来ない状態になりました。エッジボイスというのは、声帯が閉じている音ですから、声帯がうまく閉じなくなっている、という事です。結果、かすれ気味で息漏れする感じの声になる、ということです。

 術後十日目くらいでやや安定してきました。
 依然として声の出しやすさにムラがあるのですが、一つには注射前から調子の良い時と悪い時があったこと(これが問題だった)、もう一つには、同じ音を出そうとした時の喉の使い方が変わったことがあるようです。後者は、前は少し力んで出していたのが、力まず出るようになった(らしい)のに、クセで力んでしまうので、かえって出にくくなる、ということのようです。
 声そのものは、ほとんど術前と変わらず、ただ普段の声がやや出しやすく、一方で高音がかすれ気味になる、という状態です。エッジボイスは再び出来るようになりました。
 やはり「高い声」と「声のかすれ」はトレードオフです。高い声はどうしてもかすれて息漏れ気味になります。

 術後一ヶ月程度で、声はすっかり安定しました。ただ、術前とほとんど変わりありません。
 厳密に検査すれば違うのかもしれませんし、ゆっくり変わったので気づかないのかもしれませんが、少なくとも実感できるほど声が高くなった、ということはありません。微妙に普段の声が出しやすくなった気もするのですが、同時にかすれ気味になる傾向も増えた気がします。
 声の調子が良い時と悪い時があるのは、術前と一緒です。
 喋っていないと、調子が悪くなります。多少悪くても声を使っていると、段々良くなってきて、この一番良い時の状態は、術前より改善したように思います。ただ、問題は「ムラ」そのものなので、その点については効果は感じられません。

 何回か打たなければ効果が得られないように思うので、しばらく続けてみようかと思っています。
 マイナスにならなければ良いか、くらいのつもりで構えた方が良さそうです。
posted by female-voice at 10:16| 女声の記録

2012年09月16日

声帯ケナコルト注射を受ける 第1回

 結局、声帯ケナコルト注射を受けることを決め、第一回目を受けました。
 検査で鼻から内視鏡を入れるのも全然平気だったので、嚥下反射のせいでできない、という心配はしていませんでした。
 日帰り治療ですし、かなり気軽に考えていたのですが、気軽すぎるわたしの予想よりはちょっとだけ大掛かりでした(客観的に見れば全然大掛かりではありません)。
 まず、蒸気による麻酔を三分間受けます。これは蒸気というか湯気のようなものの出てくる機械で、チューブを咥えて三分間ボーッとしているだけです。
 その後鼻から内視鏡を入れるのですが、この内視鏡のチューブから麻酔も入れるせいか、検査に使う内視鏡よりずっと太いものです。ちょっと苦しいのですが、何とかなります。
 そしてこのチューブを使って、喉に麻酔液を送られます。この時、医師の言うタイミングで「イー」という声を出し続けます。麻酔液が入ってくるとちょっとむせるのですが、「すごく上手い!」と言われました。何がどう上手いのかサッパリわかりません。嚥下反射がキツくて駄目な人もいるからでしょうか。
 それから喉に注射針を刺してケナコルトを注射するのですが、この痛みは普通の注射と一緒で一瞬で、まったく問題ありません。内視鏡の方がずっと鬱陶しいです。
 注射自体はすぐに終わり、出血確認のために十分ほど待ちます。確認して問題がなければ、これで終了です。

 このように至って簡単ではあるのですが、嚥下反射が強くて局所麻酔でできない人は全身麻酔で行うことになり、結構大掛かりになります。
 今は消してしまっているようですが、以前に読んだネット上の経験談では、全身麻酔で気管切開までする事態になった、というのがありました。

 手術直後は声が出せません。出そうとして出ないものではないでしょうが、注射液を声帯に定着させるためにも、出さない方が良いです。そもそも、麻酔が効いていて感覚がおかしいですし、喉になにか詰まったようで声を出す気になりません。結構苦しいです。
 麻酔が効いている二時間くらいの間は飲食禁止、と言われました。食べる時はまずちょっとだけ水を飲んでみて、問題なく飲めるようだったらGOサイン、とのことでした。
 帰りの電車の中で、麻酔のせいかむせるような感じになって仕方がありません。しかもちょっとむせると異様にオッサンのような音が出てしまい、恥ずかしかったです。

 この後のケナコルト注射術後経過も書いていきますが、術後十分に時間が経っていないので、経過や効果はしばらく先に公開します。
posted by female-voice at 07:00| 女声の記録

2012年09月15日

レーザーによる声帯部分焼灼

 「レーザーによる声帯部分焼灼」は、文字通り声帯にレーザーを当てて、部分的に焼却し、小さくしてしまおう、というものです。声帯が小さくなれば、声は高くなります。
 この方法であれば、ケナコルトと違い、大幅な音程変更も可能なようです。
 ただ、容易に想像がつくように、簡単な手術ではありませんし、相応のリスクも覚悟しないといけません。やりすぎてしまうと取り返しのつかないことになります。
 日本国内ではほとんど行われていない(許可されていない?)とのことで、イェソン音声センターを紹介されました。
 わたし自身は、既に一定のレベルに達していることもあり、こんな大手術?を受ける気はありません。
 ただ、現時点でまったくの男声のままで、ボイトレしても駄目だった(あるいはボイトレする気がない)人については、オプションの一つに入れて良いかと思います。
 この「レーザーによる声帯部分焼灼」については、あまり詳しく調べていないのですが、輪状甲状軟骨接近術と並んで、外科的に大きく声の高さを変える方法と言えるのではないでしょうか。
 ただ、不可逆的な治療ですので、検討される方はよく調べてから考えて下さい。
posted by female-voice at 08:30| 女声の記録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村