2012年09月15日

レーザーによる声帯部分焼灼

 「レーザーによる声帯部分焼灼」は、文字通り声帯にレーザーを当てて、部分的に焼却し、小さくしてしまおう、というものです。声帯が小さくなれば、声は高くなります。
 この方法であれば、ケナコルトと違い、大幅な音程変更も可能なようです。
 ただ、容易に想像がつくように、簡単な手術ではありませんし、相応のリスクも覚悟しないといけません。やりすぎてしまうと取り返しのつかないことになります。
 日本国内ではほとんど行われていない(許可されていない?)とのことで、イェソン音声センターを紹介されました。
 わたし自身は、既に一定のレベルに達していることもあり、こんな大手術?を受ける気はありません。
 ただ、現時点でまったくの男声のままで、ボイトレしても駄目だった(あるいはボイトレする気がない)人については、オプションの一つに入れて良いかと思います。
 この「レーザーによる声帯部分焼灼」については、あまり詳しく調べていないのですが、輪状甲状軟骨接近術と並んで、外科的に大きく声の高さを変える方法と言えるのではないでしょうか。
 ただ、不可逆的な治療ですので、検討される方はよく調べてから考えて下さい。
posted by female-voice at 08:30| 女声の記録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村