2012年09月16日

声帯ケナコルト注射を受ける 第1回

 結局、声帯ケナコルト注射を受けることを決め、第一回目を受けました。
 検査で鼻から内視鏡を入れるのも全然平気だったので、嚥下反射のせいでできない、という心配はしていませんでした。
 日帰り治療ですし、かなり気軽に考えていたのですが、気軽すぎるわたしの予想よりはちょっとだけ大掛かりでした(客観的に見れば全然大掛かりではありません)。
 まず、蒸気による麻酔を三分間受けます。これは蒸気というか湯気のようなものの出てくる機械で、チューブを咥えて三分間ボーッとしているだけです。
 その後鼻から内視鏡を入れるのですが、この内視鏡のチューブから麻酔も入れるせいか、検査に使う内視鏡よりずっと太いものです。ちょっと苦しいのですが、何とかなります。
 そしてこのチューブを使って、喉に麻酔液を送られます。この時、医師の言うタイミングで「イー」という声を出し続けます。麻酔液が入ってくるとちょっとむせるのですが、「すごく上手い!」と言われました。何がどう上手いのかサッパリわかりません。嚥下反射がキツくて駄目な人もいるからでしょうか。
 それから喉に注射針を刺してケナコルトを注射するのですが、この痛みは普通の注射と一緒で一瞬で、まったく問題ありません。内視鏡の方がずっと鬱陶しいです。
 注射自体はすぐに終わり、出血確認のために十分ほど待ちます。確認して問題がなければ、これで終了です。

 このように至って簡単ではあるのですが、嚥下反射が強くて局所麻酔でできない人は全身麻酔で行うことになり、結構大掛かりになります。
 今は消してしまっているようですが、以前に読んだネット上の経験談では、全身麻酔で気管切開までする事態になった、というのがありました。

 手術直後は声が出せません。出そうとして出ないものではないでしょうが、注射液を声帯に定着させるためにも、出さない方が良いです。そもそも、麻酔が効いていて感覚がおかしいですし、喉になにか詰まったようで声を出す気になりません。結構苦しいです。
 麻酔が効いている二時間くらいの間は飲食禁止、と言われました。食べる時はまずちょっとだけ水を飲んでみて、問題なく飲めるようだったらGOサイン、とのことでした。
 帰りの電車の中で、麻酔のせいかむせるような感じになって仕方がありません。しかもちょっとむせると異様にオッサンのような音が出てしまい、恥ずかしかったです。

 この後のケナコルト注射術後経過も書いていきますが、術後十分に時間が経っていないので、経過や効果はしばらく先に公開します。
posted by female-voice at 07:00| 女声の記録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村