2012年09月11日

一色クリニック・京都ボイスセンターでのボイトレ

 さて、一色クリニックでの診察を終え、周波数的には女性の範囲内で、それほど問題がないことが分かりました。
 でも、依然として十分満足できる、というレベルではありません。
 絶対的な声の高さも高いに越したことはないのですが、やはり共鳴腔の使い方がポイントなのでしょう。
 よくあるパターンですが、調子の良い時の声は及第点に達していても、うっかりすると低い声や女性らしくない声が出てしまう、というのが問題です。
 これは本当によくある事例で、MtFの場合、声ができていても低い方の「底」がないんですよね。普通の女性なら「底」があって、それより下には行かないのですが、MtFだと、何かの拍子で「底が抜けて」しまうことがあります。
 また、前にも書きましたが、笑い声や悲鳴などは難しいです。
 それから、身近な人に聞くと、わたしの場合、何かを夢中になって喋っている時に声が低くなることがあるようです。熱中しすぎて声のトーンにまで気が回らない、ということでしょうか。現在では日常生活中にそれほど声自体のことを意識している訳ではないのですが、それでも普段は気をつけている、ということなのでしょう。

 これらを改善するには、輪状甲状軟骨接近術よりもボイトレが大事なのだろう、と思ったところで、たまたま一色クリニック・京都ボイスセンターのボイトレの先生に空き時間があったので、ボイトレを受けてみることにしました。
 前にも書きましたが、わたしはSRS前(喉仏の手術を受ける前)にほんの一二回程度女声ボイトレを受けたことがありますが、ほとんど経験がありません。また、一色クリニックで教えられているのは、別に女声に特化したボイトレではありません。
 でも、ものは試しで受けてみたところ、これが非常に面白かったです。
 ボイトレですから、すぐに効果が出るというものではないのですが、とりあえず色んな声を出すことが楽しかったのです。まずは母音を綺麗に出せることが大事、息が漏れないように、力まず力を抜いて発声する、などのポイントを教えられました。また、リップロール(唇でプルプルという音を出す)が力みを取るのに有効、とのことです。
 このボイトレが面白かったので、続けたいと思ったのですが、何分場所が京都で、当方は東京近郊在住です。
 流石に京都まで通う訳にもいかないので、一回だけで帰ってきました。
 ちなみにこのボイトレの先生は轟先生という女性の方です。人間的にも魅力的な方なので、京都近郊にお住まいの方は、一度相談されても良いかもしれません。
タグ:ボイトレ
posted by female-voice at 07:10| 女声の記録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村