2012年09月08日

喉仏を削る手術と声

 というわけで、100点とは言わないまでも、まぁまぁのところまでできていたのですが、SRS時に問題が起きました。
 わたしは喉仏を削る手術も同時に受けたのですが、このオペの後、やや声が低くなり、音域が狭くなったように感じるのです。
 喉仏を削る手術は声には影響しない、と言われています。男性の喉仏が出ていることも、直接的には声の低さとは関係ありません。しかし、実感としては、喉仏を削る手術の後、明らかに声が出しにくくなりました。
 他人に聞くと「別に変わらない」と言われるのですが、体感的には確かにひっかかっている感じです。
 正確には、普段話す時のメインの声自体はそれほど変化がないのですが、高い通る声が出しにくくなり、何かがつかえたような感じがします。
 その後も長らくこれは変わらず、大抵の医者に聞いても「喉仏と声は関係ない」としか言わません。
 幸か不幸か、それでも社会生活をひと通りこなせる程度のレベルではあったので、気のせいなのかと長らく諦めていました。

 それが最近になって、また気になるようになってきました。
 単に生活に以前よりゆとりが生じて、声のことを考える余裕が出てきた、ということかもしれません。
 ある時、医師から京都の一色先生の診察を受けてみては、と言われました。
 一色先生は声の治療の第一人者で、MtFTSの声治療も多く手がけていらっしゃいます。
 今まであまり考えたこともなかったのですが、とりあえずメールで問い合わせてみました。
 喉仏を削る手術をしていること、その後声が低くなったように感じることを伝えると、「喉仏を削る手術は声と関係ある」とのお答え。分かっている医師が慎重に削る分には大丈夫だが、削りすぎると声帯が緩み、声が低くなる、というのです。
 これで興味を持ち、早速予約をして京都まで診察に行くことにしました。

 ちなみに、わたしがSRSと喉仏を削る手術を受けたのは、タイの某有名医師のところです。
 SRS自体は概ね良い結果でしたし、評価の高い医師・病院ですので、腕が悪いということはないでしょう。喉仏を削る手術にしても、傷跡は非常に綺麗に治り、致命的に声が低くなった、というわけではありません。
 ただ、こうしたリスクもある、ということを了解の上で、手術を受けた方が良いです。
 知人のMtFで歌を歌っている子が、SRS時に喉仏を削ることについて考えていたので、「やめておいた方がいいよ」とアドバイスしました。普通の人ならともかく、歌が好きで声を大切にしている場合、優先順位として喉仏を削るのは諦めた方が安全だと思ったからです(彼女はナチュラルに女声もできていた)。

 自分や知人の経験の範囲で言えば、SRS自体については、経験豊かなタイの医師が薦められます(もちろん、評価の高い何人かの先生に頼むべきです)。
 ただ、その他の手術、日本でも行われている喉仏の手術や豊胸手術などについては、予算や事情が許すなら、全般的に見ると日本の方が安全かと思います。当然、大事なのはどの医師か、ですが、技術の巧拙以前に、センスや価値観の点で、タイと日本では異なるところがあります。タイ人は気にしないような傷跡でも、日本人なら気にする、ということはあります。
 もちろん、最終的には、各医師と各患者の問題ですから、ケースバイケースであって、一概には言えるものではありません。
タグ:SRS 喉仏手術
posted by female-voice at 12:42| 女声の記録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村